歴史

​チタンが人の身体に優しいこと。

人体との親和性が高く、医療の場でも使用されています。「さばえルーペ」は顔に直接触れる者です。汗などと反応しない性質がぴったりでした。

また、腐敗に強く錆びません。長く使う道具だからこそ、チタン一択でした。

しかしチタンは加工が難しく、高い技術力が必要です。そこに製造元の最も得意とする曲げ・圧延技術が活かされました。

航空機や宇宙産業でも使われるこの金属の特徴を利用し、「さばえルーペ」の特徴的なフォルムが浮かび上がりました。顔に掛けた時に圧力が一点に集中しないように分散してくれます。掛け心地の追求です。掛けた時にどこかに負担がかかって痛くなるようなことがありません。

このカーブの角度・形状にたどり着くまでには数知れない試行錯誤がありました。

現在、人口7万人足らずのこの街で、1万人以上が眼鏡産業にたずさわっています。

約120年ほど前、冬が厳しい地域の閑散期の仕事として、ある一人の技術者がさばえに新しい産業をもたらしました。

月日は流れ、世界の眼鏡産業をリードする街へと、さばえは成長しました。

世界の名だたるメゾンやブランドが、MADE IN SABAEの品質と技術を求めて眼鏡を発注しに来ています。

チタン加工技術が深まったことにより、医療分野をはじめとする様々な分野にその技術が活かされており、一人の技術者がもたらした技は今も脈々と受け継がれています。

さばえの技術が詰まった完成形、「さばえルーペ」

​ぜひ身近な人への贈り物にお試しください。

一枚から数千枚まで対応いたします。

お気軽にご相談ください!